2016年10月17日月曜日

2016年10月ウズベキスタン旅行②街自体が世界遺産。ヒヴァへ!

ヒヴァ初日


朝7時過ぎにウルゲンチ空港に到着!
ほんとに小さなかわいい空港。
飛行機から各自歩いてターミナルまで。
荷物を受け取って空港の外に。
世界遺産の街であるヒヴァまでバスで1時間ぐらいとのことだったの、バスを探そうとしたけど、空港の入り口で待っているタクシーの運転手の一団にやられた。
とりあえず値段交渉。一人8ドルで行ってくれるらしい。
うむ、日本にしたらすごく安い。でもウズベキスタンにしたらすごく高い。(後から考えると本当に高い)
ちなみにこの運転手さんは1ドル=7000スムで両替してくれるらしい。
もう正式なレートなんて何かなんだかw

でも、24時間一度も横になってないからもういいやってことで乗せてもらう。
ヒヴァまでは道をまっすぐ!
途中は綿花畑がいっぱい。他にもフットサルコート的な場所やら、住宅やら、学校やらが見えた。

ヒヴァの内門(イチャン・カラ)まですぐのところの予約しておいたホテルに到着。
10時前ぐらいの早い時間に到着したにも関わらず、すごく丁寧に迎えてくれる。

「30分待ってもらえれば部屋を掃除して用意するから、コーヒーでも飲んで待っててよ」ってな感じでコーヒーを飲んでのほほんとしている。
部屋をあっという間に用意してくれたんで、とりあえず部屋に入る。

ツインの部屋でとてもきれいだし広いし。シャワーもしっかりと!
中庭を囲む作りになってて、中庭には椅子やらブランコもあっていい感じ。2階のテラス席も日当たりが良い!
とりあえずWi-Fiも入ることだし、しばらく休憩。


次の日には夜行列車でサマルカンドに行くので時間を調べようと、ホテルの方に聞く。近くにチケットセンター(カッサ)があると教えてくれるので向かう。
小さい商店みたいな感じだけど列車の写真とか貼ってあるからわかりやすい。
英語も少し通じる窓口の方で、丁寧に教えてくれた。
結局2等寝台にすることにして、一人35ドル。最初はスム払いを求められたけど、スムがないというとドルで対応してくれた。(120000スム)
列車はウルゲンチを16時20分発で、サマルカンドには4時半につくそうな。
4時半に駅についてどうすればいいのか不安も残るけど、まあなんとなるっしょ。

その後、いよいよイチャン・カラへ!!
宿からほんの5分で北門に到着。
城壁の存在感というか、年月を経ている雰囲気というか、何ともすごい!



中に入ってもその歴史観のまま。人が普通にに住んでいてホテルもあって車もバンバン走っていることがさらにすごさを感じさせる。300年前の世界遺産の中に人が住んでいるのが刺激的。

とりあえずウロウロと回る。

ほぼ四角形の城で北門から南門まで歩くののに10分ぐらいの大きさ。ツアー客がたまにいるぐらいで観光地で大変だって感じもない。お土産屋さんの露天やレストランも中心部にはそこそこあるけど、客引きをしてくるわけでもないので気にならずにのんびり観光ができた。

昼飯をカフェで食べる。やっとウズベキスタン料理!
プロフ(炊き込みご飯)と煮た野菜の盛り合わせとシャシリク(牛串)
それにローカルビールを一本。
Wi-Fiも使えるとのことで、パスワードをお店の少年に聞くと
「forget pasword」って教えてくれる。面白い。センスあるわ~

気持ちよさそうだからテラス席でとお願いしたら、「寒いよ~」って心配してくれた。飯食いだして5分ぐらいして連れが「寒いから中入ろう」っていいだすw
まあでも勢いで最後まで外で食べて満足!!
一人30000スムなり~

その後、ちょっと中をウロウロ。結婚式にも遭遇。ちょっと寒そう。カラの東口を出たとこには地元の人のバザールを発見。
ちょいと中にはいり見て回る。これまでいろんな国でバザール見てきたけど、独特。まず、そんなに混んでない。寂しい感じでなく程よく混んでいる感じ。さらに、めちゃキレイ。ゴミがあんまり落ちてない。

そうこうしてるうちに、2人とも酔いと疲れで眠くなってくるw
事前に宿の人に教えてもらってたスーパーによって、ビールとか買って、いったん宿へ。
途中古い遊園地みたいなところを通ったんだけど、数十年前の観覧車は異様な雰囲気。ソ連時代のなごりか・・・

連れは洗濯して、ビールをちょっと飲んでそのままベッドで爆睡。
おれはテラス席でパソコンで仕事したり、本読んだりしてのんびりと。

途中で宿の人が、連れの洗濯物を屋上に干しなおしてくれてた!!

4時ぐらいになって、再度イチャン・カラへ。


カラの南側にあるバザールによって、シャシリクとサモサを買う。サモサがまじうまし!合計で4000スム!


その後はまた中をぶらぶらしながら日没を待つ。
日の当たり方が変わるだけで雰囲気もガラッと変わり、また改めて圧巻!
北門の横の階段から城壁の上に登って西門の上のほうまで回っていこうとするも、なんと途中で途切れていて西門の上までたどり着けない・・・


あきらめて降りて3階建てのカフェを見つけて、屋上のテラス席へ
ここでも「寒いけど大丈夫?」って聞いてくれて毛布まで持ってきてくれる。
きれいな日没を見てコーヒーのんで、改めてライトアップされたミナレットやらモスクやらを見てからホテルへ。


再度スーパーによって、ウォッカとチーズを仕入れて宿へ。ちなみにウォッカは一本約300円!!

宿に戻ったら、紅茶を入れてくれた。
中庭でのんびり味わって、その後は部屋に帰ってビールとウォッカとチーズとナン

俺は疲れてたので21時ごろには就寝
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...